フリーか企業に勤めるか


イラストレーターとして収入を得るにはフリーランスで働くか企業に勤めるかの二通りがあります。

フリーランスのイラストレーターは言わずもがな個人で仕事を請け負う業務形態です。
仕事をもらうにはそれなりの実力が認められていることが前提となるので、いきなり始めるには困難です。
フリーランスとして独立するには出版社やデザイン事務所など企業のもとで働いて『実績と業界とのつながりを作ってから独立する』というのが定石でした。
『でした』というのは、インターネットの普及とサービスの向上によって変わりつつあるからです。
インターネットを介して仕事を請け負うクラウドソーシングがスタートしたことに加え、LINEスタンプや素材サイトなどイラストを商品として発表できる場が増えました。
こうした影響もありフリーランスのイラストレーターもより『身近な形』へと変わりつつあるのです。

企業のイラストレーターは主に出版社やデザイン事務所などで勤めることになります。
イラストのテイストはクライアントの要望によって変化するので、独自のタッチよりも相手の意向を汲み取る力が要求されます。
給与はサラリーマンと変わらないので安定しています。
仕事もコンスタントに入ってくるので、仕事を取りに行く営業活動をせずに済みます。
ですが、自分の好きなイラストを描きたい人には満たされないものがあります。
なので独立を目指す人の中には、修行のような感覚で働いている人もいます。

フリーランスか企業に勤めるかはその人の人生設計次第と言えます。
安定と確実な段階を踏んでいきたい人には企業に勤める方が向いているでしょう。
ですが、フリーランスでも魅力次第で出世するチャンスが転がるようになってきた今、就職にこだわらずに活動することも有効だと言えます。